チーム アプローチ

Knowlesの製品マネージャやセールス エンジニアは世界各地を飛び回り、お客様の業務上の問題と取り組んでいます。また、お客様の部品またはサブアセンブリの設計課題に基づいてサービス チームが召集されます。

たとえば、お客様担当のKnowlesチームには研究、設計、開発、応用技術、製造のスペシャリストが含まれるかもしれません。アプリ ケーションによっては、Knowles Hearing Instruments GroupとKnowles Electronic Devices Groupの両グループの専門技術を相互開拓してチームを強化することもあります。

お客様のアイデアをより早く市場に移行するため、Knowlesの実績ある"Stage Gate"プロセスはプロジェクトの開始から完成まで重要な課題について共同作業を推進します。プロジェクトのマイルストーンは、マーケティング、開発、 製造、品質保証を含め、すべての重要な展望と順次取り組むことで達成されます。

Stage Gateコラボレーション プロセス

Knowlesの非常に協力的な"Stage Gate"製品開発プロセスを使用すると、コンセプトから生産まで迅速かつコスト効率良く移行できます。

 

最初のステップは製品のコンセプトを定め、ビジネスプランを作成することです。その中には費用、生産計画、主要なマイルストンなどが含まれます。

前提条件

  • ビジネス・ケースが記述されていること
  • R&D コンセプト計画が完成していること
  • プログラムマネージャーが選任されていること
  • 顧客要件の確認が行われていること

成果物

  • ビジネス・ケースの承認
  • サプライチェーン、生産、財務状況の見直し
  • 設計確認試験(DVT)計画
  • 知的財産の見直し
  • 顧客からのフィードバックの受領

team approach 210x160

この段階では、製品コンセプトを用いてエンジニアリング サンプル、、生産計画、およびサプライチェーン計画の作成と提出を開始します。

前提条件

  • 製品が定義されていること
  • 顧客による設計確認試験(DVT)要件の承認
  • ビジネス・ケースが改定されていること
  • プロジェクトの対象範囲が設定されていること
  • プロジェクトのリスク管理計画が作成されていること
  • フィードバックに基づいて、顧客要件が更新されていること

成果物

  • コンセプトサンプルの承認
  • 設計確認試験(DVT)の完成
  • 設計と試験の見直し
  • 生産工程計画
  • 品質と信頼性の見直し
  • サプライチェーンの見直しとその承認
  • 電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する欧州議会及び理事会指令(RoHS)規制への順守の確認

team approach 210x160

この段階では、製品の開発から皆様の製品の生産へと移行し、部品の品質の確認、梱包、部品による環境への負担が考慮されます。

前提条件

  • 設計確認が完了していること
  • ビジネス・ケースが改定されていること
  • 使用される資源が定まっていること
  • サンプルに対する顧客のフィードバックを受領すること

成果物

  • 部品と生産工程の認証
  • 梱包における評価の完了
  • 環境負担の評価
  • 製品の認証

team approach 210x160

この最終段階では、我社の高生産でスケーラブルな生産能力、全自動生産ラインと効率的な組立工程をもって皆様の部品を生産します。生産量を増やし、改善し、コストを削減するための計画も作成します。 「ステージゲート」プロセスをより良い物とするため、この最終段階では、その後の改善のために工程の見直しを行います。 

前提条件

  • 生産への移行計画が作成されていること
  • 生産工程の書類化が完了していること
  • 顧客からの認証を達成できていること

成果物                                                                                                                                                          

  • コストと生産量の改善プログラムの定義
  • プロジェクト評価(事後分析)

team approach 210x160