Skip to Main Content
Thomas G. Jackson

Thomas G. Jackson (トーマス・G・ジャクソン)

上級副社長、事務部長

トーマス・G・ジャクソンは上級副社長及び事務部長で、企業の国際的な法務と、Knowlesの経営倫理とコンプライアンス(法令遵守)機能を管理しています。彼は取締役員たちやその他役員などのリーダーたちに法律、経営、倫理、コンプライアンス、ポリシー、企業戦略においての助言を行います。戦略においては、重要な経営構想や、リスクの査定や削減、主要な取引、訴訟、企業市民としてのあり方などのアドバイスを行います。

Knowlesに入社前、トーマスはJabil Circuit, Inc.で副社長兼法律顧問補佐を務め、そこで彼は何十億ドルもの事業の売却において、上級経営幹部たちに助言を行うという重要な役割を果たしました。また彼は、精密射出成型の会社の買収に戦略的に取り組み、市場のリーダーとして会社を位置づける手助けもしました。

その前は、2009年から2011年までGlatfelter Companyにて副社長、法務顧問及び事務部長を務めました。そこでは、経営チームの主要人の1人として長期的設備投資計画の決断を促し、会社の投資利益率の今後計画を19%も高めることができました。また、主なる企業買収を指揮し、それによってGlatfelterの位置づけがなされ、成長が顕著な消費者製品の分野に効果的に乗り出すことができたのでした。

トーマスはC&D Technologies, Inc.、Ametek, Inc.、Exelon Corporationで法務及びコンプライアンスを担当した経験もあり、そこでは日常的な法務や企業コンプライアンスに関する事柄を管理し、経営陣に助言を行いながら、全ての合併買収と国際取引を担当しました。

彼はドレクセル大学で機械・電気工学の理学士課程を修了し、ビラノバ大学でMBAを取得。また、同大学の大学院より法務博士号を取得。米国法曹協会と企業法務顧問協会のメンバーであり、ペンシルバニア州とフロリダ州にて弁護士資格を持っています。

現在、妻と子供2人と共にシカゴに在住。